『ヴェノム』感想 ただただヴェノムが可愛かった。

こんにちは。ぼんやりねむ子です。

映画『ヴェノム』を観てまいりました。

www.venom-movie.jp

あらすじ

敏腕記者エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、人体実験で死者をだしているという<ライフ財団>の真相を追う中、ある“最悪な”ものを発見し、接触してしまう。それは<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体だった。

この意思を持った生命体との接触により、エディの体は寄生され、その声が聞こえるようになる。「一つになれば、俺たちはなんだってできる」とシンビオートはエディの体を蝕み、一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げる。ヴェノムはそのグロテスクな体で容赦なく人を襲い、そして喰らう。相手を恐怖に陥れ、目玉、肺、そしてすい臓…体のどの部位も喰い尽くす。

エディは自分自身をコントロールできなくなる危機感を覚える一方、少しずつその力に魅了されていく――。

公式サイトより引用。

というわけで、敏腕記者がエイリアンに寄生されちゃう!

っていうお話です。

(これだけ見るとBLですね…ええ…腐女子的には…)

寄生されたらすごいパワー!

だけど悪者に襲われちゃってさあ大変?!

いったいどうなっちゃうのー?!

っていうお話でした。

見どころ

人を食っちゃったりなんだり

そんな描写が予告編で取り沙汰されていたので

さぞ怖い、おどろどおどろしい映画なんだろう…

…と思いきや、全くそんなことはなく

全体的にずっと明るいムードで、

うわあ!どんちゃんどんちゃん!

という感じの軽いノリでストーリーが進んでいきました

そして、とにかくヴェノムが可愛い!

「食っていい?」と主人公に聞いたり

「寄生って言うな!謝れ!」といちいち怒ったり…

(まあ寄生なんだけどw

とにかく可愛いんです

主人公が死んだら自分も死ぬので、

主人公をとにかく生かします

それが、なんかただ懐いているみたいに見えるw

そしていつしか芽生える二人の友情!みたいな感じで

全然怖くない…むしろハートフルなアクション映画?でした

BL的視点

※腐女子やBLに抵抗のある方はすっ飛ばしてください

まあ確かにね、ヴェノム×主人公でも主人公×ヴェノムでも良いんです

多分普通に見ようと思えばそうなるのかな?

(普通とは何か

だって体内に入って一心同体だもんね…

お前の全ては俺のもの!みたいな感じ

(劇中でも言ってたはず

でも私としてはヴェノムがただただ可愛かったのでそこはあんまり…

ペットみたいな可愛さなんだものw

BL的にはそうですね、

主人公×悪者かなあ

戦いのシーンとかはえっちといえばえっちです

男同士の戦いっていやらしいよね本当に…

ただの性的な交わりにしか思えないもの。ええ。

あとあるならモブ×悪者かな…

とにかく寄生され体質だから…悪者が…

まあそんな感じのBL的視点のヴェノムでした。

さいごに

というわけでヴェノムはただただ可愛い映画でしたよ!

ほのぼのしたい方は是非劇場へ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA