うつ病歴5年の患者が語る、うつ病と付き合っていくための3つの方法

こんにちは。ぼんやりねむ子です。

うつ病とはもう5年ほどの縁となりました。

うつ病って本当につらいです。

早く縁を切りたいなあとも思いますが、

「治したい治したい」

と思ってもなかなか治らないのがこの病。

むしろ逆効果とも言われています。

では、もう開き直って

うつ病とどうやって付き合っていくか

について語らせていただきます。

1.無理はしない

f:id:nemucolog:20180210124129j:plain

何事も無理はしないように心がけます。

なぜならば、無理をすると後に響くからです。

頑張った次の日に動けなくなるなんてしばしば。

じゃあ無理はしない。腹八分目…

いや、腹4分目くらいでやめておくのがベストかなあと思います。

2.死にたいのは仕方がない

f:id:nemucolog:20180210124316j:plain

もう、死にたくなるのはデフォルト、仕方がない事です

死にたくなるのが人生。そういうものですよ。

死にたいのを治そうなんて思わないことですね。

本当に辛くなったら

誰かに電話するなり、寝転がったりしましょう。

時が経てば、少し落ち着きます。

3.働かない

f:id:nemucolog:20180210124551j:plain

働くこと、お金を稼ぐことに関しては

諦めましょう。

やめやめ、そんな面倒くさいことに時間を費やすのは

人生の無駄です

生活保護を受給しましょう。

誰かに頼って生きていきましょう。

もうそれでいいじゃないですか。

うつ病だし。甘え?うるせーよ!病気だ!

という心構えで生きていきましょう。

だって働けば悪化するし。しょうがない!

もうこれはしょうがないことなんだ。

さいごに

いかがでしょうか。

かなり乱暴ですがww私なりのうつ病の付き合い方でした。

簡単に言うと

諦める

ことですね!

誰か偉い人も言っていた、諦念が大事だと。

あ、薬はしっかり飲みましょう。

というわけで、何か参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA