ニートは悪じゃない、働かなくても良いんじゃないかと思った件。

こんにちは。ぼんやりねむ子です。

もう今後は働かないで、ニートになって良いんじゃないかと思いました。

うつ病になった原因

f:id:nemucolog:20180123214422j:plain

私はうつ病を患っています。

その原因は、

合わないアルバイトでした。

本当にしんどかった。

その時に思ったのは、

「ふつうの人はふつうにこなせていることが、

 なんで自分にはできないんだろう…」

ということでした。

自分は、欠陥品なんじゃないか…

そんな思考が、私をうつ病に追い込みました。

もう5年ほど前のことですが、未だに病は私を苦しめています。

「当たり前」はない

f:id:nemucolog:20180123214729j:plain

「働くのが当たり前」

「働かないのは悪だ」

そんな思考が、私の中に根付いていたのです。

ですが、これは、

世の中の風潮、だったと思います。

今はだいぶ薄れているのかもしれませんが。

でも、

「当たり前」なんて存在しない。

世の中には沢山の人がいて、

その分だけ、能力があって、適性がある。

そんな風に思います。

働ける人は、働く。

働けない人は、働かない。

それでいいんじゃないかなあ。

助け合う

f:id:nemucolog:20180123215157j:plain

「それじゃあ世の中回らないじゃないか!何言ってんだ!」

って言う人もいるかもしれない。

でもでも、

助け合えば良いんじゃないかしら。

働ける人の中には、

働きたい!って言う人もいるし。

そういう人が、働けない人を、

助けてあげれば良いんじゃないかなあ。

助け合う。分け合う。

そういう世界のほうが、ずっと居心地が良いと思うのだけれど。

まとめ

結局、適性が本当に人それぞれあるんだと思います。

それを無理やり、画一的に

「ある正しい生き方」

「あるべき姿」

をある程度設定してしまう。

そんな今の世の中は、どうなのかなあと思います。

お金を稼がないことは、悪ではない。

そういう価値観が広まれば、

少しは、生きやすい世の中になるんじゃないかなあ。

そんなふうに思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA