いじりといじめは同じだと思う件。

スポンサーリンク

こんにちは。ぼんやりねむ子です。

こんなニュースを読みました。

 

いじめ相談にも学校認識は「いじり」 広島・中3転落死 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

 

いじめといじりは違う?

f:id:nemucolog:20180206103733j:plain

私は同じだと思っています。

周りから見てもひどく不快です。

 

いじり、だと

周りが笑えばOK。

そんな風潮があります。

 

でも、絶対それは

「弱者」を「強者」がいじる

という図式で成り立っています。

 

絶対に、弱者は傷つく。

でもそれを、なんとかこらえている。

そんな現場を何度も目にしてきました。

 

原因はテレビ

f:id:nemucolog:20180206104012j:plain

「いじり」が生まれた原因は、

バラエティー番組ではないかと思います。

 

どうしても笑いを取らないといけない場。

 

そこにおいて、無理に作った「笑い」が

「いじり」ではないでしょうか。

 

弱者をいじめることで、笑いを取る。

それこそが「いじり」の正体だと思います。

 

大人がアリなら、子どももアリ

f:id:nemucolog:20180206104256j:plain

大人の世界においてアリとされているのなら、

子供の世界においてもアリだ

…そんな認識になるのは当たり前です。

 

大人の世界の認識が、

顕著に現れてしまうのが「学校」という社会だと思います。

 

弱者は「いじり」という名のもとにおいてなら、

いじめてもいい。

笑いが起これば、それでいい。

 

そんな認識なのでしょう。

 

職場にもある

f:id:nemucolog:20180206104450j:plain

残念ながら、子供の世界だけではなく

大人の社会でもこんな光景は見られます。

 

職場でも、「いじり」を目にしたことがあります。

 

私は、「いじり」を行う人間が大っっ嫌いです。

だいたいは、社会的に立場の上の人が

下の人に行っています。

 

やられた方も、笑ってごまかすしかない。

 

周りは、笑っている。

 

そんな光景が嫌で嫌で、たまりませんでした。

 

知性が足りない

f:id:nemucolog:20180206104546j:plain

みんな少し、おつむが足りないのだと思います。

人に対する優しさ、想像力

そういったものが欠如しているから、こういう事が起こる。

 

大人にそういったものが無いから、

子どもにもそういった事が起こる。

 

知性のある大人が増えますようにと願うばかりです。

コメント