コインチェックから不正流出!補償・補填は?

スポンサーリンク

(2018/1/28追記)

こんにちは。ぼんやりねむ子です。

 

仮想通貨に触れた人間には、衝撃的なニュースが舞い込んできました。

国内大手の仮想通貨取引所、コインチェックから

約580億円分の仮想通貨「NEM」が不正流出しました。

 

 

つまりどういうことなの?

f:id:nemucolog:20180127152652j:plain

仮想通貨の取引を行うサイトに、

不正にログイン(ハッキング)を行った人がいて、

そのために、仮想通貨が盗まれてしまった、ということです。

 

つまりは、泥棒!銀行強盗が入ったってことです!

_人人人人人人人人人_
> 電子銀行強盗! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

み 未来…!

 

被害者は誰なのか?

これなんですが、

いまだに調査中とのこと。

えぇぇぇぇぇ。

沢山の人が利用しているのに…。

 

補償・補填は?

f:id:nemucolog:20180127154121j:plain

利用者が一番気になるところ。補償・補填。

現在、コインチェックでの日本円での引き出しは不可能になっています。

 

コインチェックによると、

補償・補填が出来るかどうかは不明

とのこと。

コインチェック利用者の資産が危ぶまれる可能性もあるとのことです。

OH MY GOD(;´Д`)

 

※2018/1/28追記:

全額、コインチェックが補償するそうです…!

 

対策は?

f:id:nemucolog:20180127154951j:plain

しかし、なんともかっこいい声明文が。

ということで、

技術的には、盗まれた通貨を追うことが出来るようです。

少し、希望の光が見えてきましたね。

 

課題点が浮き彫りに

今回の事件で、

仮想通貨のセキュリティの問題が浮き彫りとなりました。

通貨としての機能を果たすにあたって、

これは切実な問題です。

 

もしかしたら、起こるべくして起こった事件なのかもしれません。

これから、どんどんセキュリティが強化され、

誰もが安心して仮想通貨を利用できるようになるのではないでしょうか。

 

そうすれば、今後は、単なる投機の対象としてではなく、

きちんと通貨としての、取引の道具として

仮想通貨が一般的に使われていくかもしれません。

 

着々と、未来の近づいている音が聞こえてきています。

コメント