うつ病と幸せアンテナ

こんにちは。ぼんやりねむ子です。

うつ病と幸せというものについて語ってみたいと思います。

そもそも幸せとは

f:id:nemucolog:20180430183205j:plain

そもそも幸せとは、

「喜びを感じること」

なのだと思います

それは、小さなことに対してでも構いません

天気が良いだとか

美味しいものを食べた、だとか

そんなことでいいのだと思います。

幸せアンテナ

f:id:nemucolog:20180430183329p:plain

そんな、喜びを発見する感受性を

「幸せアンテナ」と呼ぶことにします

これの感度が高ければ幸福度が高い、

逆に感度が悪ければ、幸福度が低いということになります

うつ病と幸せアンテナ

うつ病は、幸せアンテナが

ポッキリと折れてしまった状態だと感じています

喜びが感じられない。

これは生きる上で大きな苦しみとなります。

常に頭の何処かに

「死」

というワードが住み続けています

喜び、

何かに対する意欲、

そういったものが無くなってしまう

自分がどうなってしまったのか…

どうなっていくのか…

このままの状態がいつまで続くのか

そんな不安を抱える日々です

幸せアンテナが直るまで

f:id:nemucolog:20180430183431p:plain

一体どれくらいの時間がかかるのかはわかりません

それでもゆっくり、休んでいく中で

映画を見たり、漫画を読んだり

そういったことで心が少し喜びを感じるようになっています

昔のように、もっともっとたくさんの幸せで満ち足りていた日々が

戻ってきますように…

そう願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA